大人ニキビと思春期ニキビは全く違う!

10代半ばから20代前半にかけて、第二次性徴時に額や頬にブツブツとできてしまう思春期ニキビ。
これに対し、20代に入ってからもあごや口の周りにできる吹き出物を、通称大人ニキビと呼びます。
思春期ニキビも大人ニキビも、できるメカニズムは同じです。
毛穴に汚れや皮脂がつまり、細菌が繁殖して炎症を起こすことが原因です。しかし、両者のケアには大きな違いがあります。
まず思春期ニキビですが、これは成長によってホルモンバランスの乱れが生じ、皮脂の分泌が激しくなることで起こります。
このため、こまめに洗顔し、油取り紙などを用いて皮脂を取り除くことがケアにつながります。
対して大人ニキビができる主な原因は「乾燥」と「ストレス」にあります。
ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れますが、思春期に機微との最も大きな違いは乾燥でしょう。
大人ニキビを防ぐためには、適度な皮脂が必要になるのです。
皮脂は本来、肌の表面でバリアのような役割を果たしています。
水分の蒸発を防ぎ、細菌などの外敵の侵入を防いでくれるのです。
ですので、過剰に分泌される思春期は丁寧に皮脂を取り除く必要がありますが、分泌が落ち着いた大人が皮脂を落としすぎると、
逆に肌にダメージを与えてしまうことになります。バリアがなくなるため乾燥しやすく、細菌も入り込みやすいのです。
このため、皮脂が失われると肌は自分を守るためにもっとたくさんの皮脂を分泌します。
これを取り除くと、さらに大量の皮脂を分泌する...という悪循環に陥ってしまいます。
適度な皮脂を保つには、朝起きたときと、夜のメイク落としの2回程度の洗顔にし、化粧水と乳液、クリームでしっかり水分と油分を補給することです。
頻繁な油取り紙の使用も避けたほうが良いでしょう。肌と上手に付き合うことが、大人ニキビの改善につながります。"

2013年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、Puenteが2013年8月 4日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベジブロス」です。

次のブログ記事は「薄毛になった方は食生活を改善して育毛をしよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ