ベジブロス

今朝テレビでやってました。「ベジブロス」
野菜のベジタブルと だしを意味するブロスを合わせた言葉で、その名の通り「野菜からとるだし」のことです。
ふだん捨てている野菜のヘタや皮、切れ端などで作るだしで、料理にうまみやコクを加えてくれます。
免疫力を向上させる効果や、アンチエイジング効果も!
野菜の皮やヘタには、活性酸素の増加を防いだり、免疫機能をアップしてくれたり、病気や老化の防止をしてくれたりする成分が、実の部分よりも豊富に含まれています。
更に煮出すによって、体に吸収されやすくなります。

材料は、洗った野菜の切れ端、両手1杯分に対して、水1.3リットル、酒 小さじ1
すべてお鍋に入れて、20~30分、弱火でコトコト煮込みます。
ざるで濾して、冷ましてできあがり
冷蔵庫だと3日間、それ以上は冷凍保存した方がいいそうです。

和洋中、どんなお料理にも使えるそうですよ!

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログ記事について

このページは、Puenteが2013年6月13日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「更年期障害とプラセンタ」です。

次のブログ記事は「大人ニキビと思春期ニキビは全く違う!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ