更年期障害とプラセンタ

更年期障害は40代や50代の女性を中心に起きるもので、女性ホルモンのバランスが関係しているといわれています。

生理の終了前後などの症状でめまいやのぼせなどさまざまな症状に悩まされることをいいます。

この場合、女性ホルモンが欠乏している状態なのでサプリメントなどを摂取することで効果のある場合もあります。

また、卵巣の機能低下などがあって症状の重たい場合にはうつ病など精神的にも症状が引き起こされる場合もあります。

女性ホルモンということでは、そのバランスを整えてくれるプラセンタが効果があるということですね。

プラセンタは胎盤を意味していて胎盤には健康によい栄養がたくさんあります。

プラセンタを摂取することで更年期障害特有のホルモンバランスの乱れからくる、のぼせやほてり多汗の症状、

または気分が落ち込んだり、怒りやすくなってしまうということをおだやかに緩和してくれるというものです。

健康保険にも適用することが可能で、自律神経のバランスを整えたり血行を促進させる作用がありますのでお悩みの症状を前向きに改善させることができるのです。

プラセンタエキスの入った注射を行っているクリニックでは更年期障害と診断がついた時点で保険が適応されるということです。

美肌にも良い成分なのでシミやたるみにも作用します。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログ記事について

このページは、Puenteが2013年1月29日 11:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薄めて飲めるのが嬉しい♪」です。

次のブログ記事は「ベジブロス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ